究極の機械式時計、メートル・デュ・タン

このメートル・デュ・タンという時計はあまり聞いたことがないと思いますが、スイスで2005年に誕生したばかりのブランドで、日本で正規輸入が始まったのはほんの数年前の2014年からです。

海外のほとんどの高級時計には日本の正規輸入代理店を経由したもの以外の並行輸入品というものが存在します。しかし、メートル・デュ・タンにその後者は一切存在せず、今のところオールージュという代理店を経由しないと日本でこの時計を手に入れることはできません。メートル・デュ・タンの時計はそれだけ生産数が限られており、一般のインポートショップなどで気軽に扱えるようなものではないのです。

尚、現在このメートル・デュ・タンの時計は前述のオールージュの完全予約制のショールームのみでの販売となっています。

そして、ブランド自ら”究極の機械式時計”と銘打っているだけに、その価格も軽く1000万円以上です。更に、見た目から普通の時計ではなく、何かしらのギミックが搭載されているものばかりなので、普段使いをするには難しい時計ですが、究極の1本を求めている人には外すことのできないブランドなのは間違いないでしょう。