ロレックスやボール・ウォッチなどの腕時計を選ぶ時の決め手として文字盤に注視する方も多いでしょう。

それもそのはず、文字盤は腕時計の顔とも言うべき部位なので、そこに意識が向くのも至って自然のことです。

文字盤カラーは様々な種類がありますが、ブラックとホワイトが定番中の定番です。

この2色をチョイスすればまずハズレという事はありません。

ですが、それでは普通過ぎて少々面白みに欠ける面もあるでしょう。

せっかく高価な腕時計を買うのですから、もう少し個性を際立たせたいと思うのも当然ですね。

そのような方にはブルーの文字盤がおすすめです。

ブルーの色彩の中でもやや濃い色合いのネイビーカラーは、色彩心理において知性と気高さを表すと言われています。

気高く高貴な色合いの中に仄かに覗く知性というエッセンスを腕時計の文字盤に採用することで、そこに高級感が宿るというわけですね。

特にブラックの皮ベルトとの相性はバッチリです。

ブラックもまた高級感や重厚感を表す色なので、ブルーとの相乗効果で腕時計そのものがより気高く感じられるのです。

定番カラーから少し逸れて遊び心を出したい時は、ブルーの文字盤を選択肢に入れてみるのが良いでしょう。